Home > 教室

教室

’18 11月教室Ⅰ 「BION-TOKYO」

11月に入りようやく冬を感じる今日この頃ですが、

今週あたり北海道に初雪の予報も、

ダウンコートを引っ張り出す人も多いのでは・・・

 

 

先月の末の事ですが、母親の様子を見に田舎に帰省してきました。

預けている施設からの帰り道、薩摩川内にある新田神社で健康祈願に立ち寄り、

昔を懐かしむゆっくりとした時間を・・・

  

 

街は様変わりしたけど、生まれ育った可愛山稜の杜、ここだけはちっとも変わっていない・・・

東京に住んでいると余計に凄みを感じてしまう。

静かにたたずむ新田神社、親に連れられ参拝に来たのはもう半世紀前のことだと思うと、

歳を感じてしまいます。

惜しくも正面の大鳥居の向こう11キロ先には川内原発が再稼働していますが、

故郷は美しいままずっと残ってほしいものです。

・ ・ ・

  

Kmさんの手掛けるコルク素材を使ったバッグ、素材が革よりも弱いため、品質強化を勉強に来ています。

マチなしのバッグはさほど問題はないのですが、底マチを付けるのに、手縫いによる船底仕様にしました。

口元ファスナー部分のミシン縫いと、裏生地裁断の様子です。

  

ファスナー口の両サイドをつまみ、持ち手受けの丸カンを通した根革を付け、

同素材で作った紐を三つ編みして、持ち手を付けてます。

 

一本手底マチバッグの完成です。

コルクには、樹脂を縫ってあり思ったよりも強い素材に開発してあります。

紙のような骨ばって折れる感じはなくしなやかな感じが伝わってくると思いますが、

作りの部分では、かなり気を使っています。

  

コルク素材は、ヨーロッパから仕入れて「BION-TOKYO」というブランドで小物やバッグを作っています。

Kmさんのお腹には第一子を授かっていて、このバッグ画完成するまで頑張りました。

現在は、無事にご出産されて、りっぱなお母さんに・・・

物作りに奮闘するお母さんの様子をお腹の中でしっかり感じ取ったことだと思いますが、

末は、お母さんに負けない職人になるのではと期待しています。

 

 

 

 

’18 10月教室・Ⅲ

10月の教室も昨日で終わり、

今年もあと2か月を残すところとなりました。

本格的に秋深しといった季節ですが、

気温差の激しい状況も、気を緩めませんね・・・

 

はなみづきの葉もだいぶ枯れ落ち、赤い実だけを残す時期になってきましたね。

夏の暑い時期には最高に良い等々力渓谷、

朝散歩のこむぎのお気に入りのコースも、冬景色へと変わりつつあるようです。

・ ・ ・

  

Kさんの底マチバッグの作成の様子です。

底マチ仕様は底の形を決め、その形に胴を取り付ける、とても簡単な仕様です。

大体は、底と胴は中縫いになり、ひっくり返すやり方で、世の中には形の違う多くの底マチのバグが

出回っております。

 

小判底の筒状型のデザイン、一本手の付いたセミショルダーのバッグです。

底と胴の間には、玉縁を入れていますが、ショルダーだけではとてもシンプルすぎるので、

ショルダーの止部分に美錠のような根革を取り付け、ワンポイントで主張させています。

 

美錠型の根革にショルダーを差し込み、調整機能を付けたギボシ止めです。

内装は、口元一周見付の革の付いた袋を落とし、バインダ-仕上げでまとめてあります。

手もみのナチュラルレザーとデザインが良く合っていますね。

お疲れさまでした。

 

  

Tmさんの横マチ課題の様子、なじめてのバッグ作り、

かぶせにつくベルトの尾錠の革巻作りです。

 

グレージングで艶のあるタンニン鞣しの革をメインに、ベルトなど小さなパーツはチョコヌメを使って・・・

(グレージングとは、薬品などを使わない、摩擦により表面に艶を出すことです)

ロングショルダー仕様で、娘さん用にお父さん、頑張って作りました。

毎日忙しいお父さんからの初めての手作りのバッグ、

思ってもいなかったことが現実になって大喜びだったことと思います。

お疲れさまでした。

 

’18 10月教室 Ⅱ

本格的な秋になった今日、

衣替えらしく薄手のコートを着ての出勤になりました。

ちょっと気を緩めると、風邪をひきかねない朝夕の

冷えには気を付けなければ・・・

 

 

先週末の土曜、夏の風物詩でもある花火・・・

多摩川花火大会が開催されました。

今までは8月20日過ぎ、

昨年のことです、土曜午後の会員さんが早めに切り上げ、大会のMCさんの着物の着付けにと・・

着付けを終えたとたん、大嵐になり中止となりました。

落雷騒ぎもありニュースになった事が昨日のようです(*_*;

いつもの予定での開催だったら、今年も台風で中止になていたところです。

花火師達の職人技が見れるのなら、秋の風物詩になっても構わない気がするのは

私だけでしょうか・・・

花火はリアルがいいにきまっていますが、今年のお気に入の花火でした。

 

・ ・ ・

 

Myさんの通しみごろ、中縫いのトートバッグの作成の様子・・・

  

トートバッグの持ち手と胴に取り付ける持ち手を受ける美錠付き根革を作り、胴に縫い付けるところです。

 

みつけ(革)付きの通しみごろとマチを作り、中表で縫い合わせ作っておき、

表側も中表に張り合わせ縫いまとめてひっくり返し、その中に内装を袋落としして、

口元でまとめます。

 

持ち手調整の出来る、通しみごろ中縫いのトートバッグの出来上がりです。

通しみごろは前胴と背胴を底から少し上がったところで革で継ぎ、

革部分のボリュームを出しています。

また、レザーは着物生地に会う、シャンパンゴールドの泊を使用しインパクトを付けています。

 

着物生地や帯生地をリメイクして、洋服や、小物バッグを作っているMyさん、

浅草の小さなお店ながらも「神楽」というオリジナルブランドで、洋服をメインに

販売、自分の夢に向かってモウ突進しています。

 

 

Ykさんの二つ目の道具ケースです。

最初にオフ白の革で作り、毎回同じものを使うと汚れるので、もう一つ作っとこうと・・・

とても楽しく、ご自分のモチベーションを上げてます。

お疲れ様でした。

 

’18 10月教室 Ⅰ

たて続きの台風が過ぎ去った後、

真夏にような暑さもあり夏が戻ったかのようで、

ちょっとうれしい気がしましたが、

暑かったり寒かったりと、体調がおかしくなる

今日この頃です。

風もはやり始めていますが、皆様もどうぞ体調管理に

勤しんでくださいね・・・。

 

 

先月の末の事ですが、自由が丘の工房に足を運ぶ途中にある、

ディギナーギャラリーワークショップというギャラリーにて

「にんぎょうらしい」展での出会いがありました。

人形(なんか作ってる)と人形(のつもり)・・・の

二つの意味をこめた作品だそうです。

 

アッチコッチバッジという、バッジ作家さんの手作り、藍染めの

物体に、独特な表情を与えて人形らしい作品に仕上げてあります。

久しぶりに2度見するぐらい引きずり込まれてしまいました。

お気に入りをみつけるのがとっても難しいくらい、皆不思議で

愛嬌のあるにんぎょうたちです。

高橋彩子「SAEKO TAKAHASI」さんが作る世界・・・

自由が丘の展示会は、終わってしまいましたが、

気になる方は、検索してみてください。

・ ・ ・

 

 

今回は、一風変わった、箱型のシュルダーバッグの投稿です。

天然のウッドのシート素材を主体に物つくりしているYgさんの作品です。

課題とは別に研究作品として作成したもの、まさに箱バッグです。

蜜蝋ケースの駒合わせ縫いや、すくい縫いと違って、もっと楽にできる仕様です。

1枚1枚切りそろえたパーツに厚みを出すために革床を貼り、それを

別(黒い革)の素材に貼り、縫い付け、繋ぎ合わせて形にしたものです。

  

蓋の部分は、隠しマグネットを埋め込み閉じるように、

本体がゆがまないよう、サイドのササマチと言われる三角のマチにもウッドシートを貼っています。

ショルダーは、市販の革巻のロープ紐を使って、四角い平面との差別を図り

サイドのマチに丸い穴を空け、差し込んで手縫い止めしてあります。

色んな所を何度も作り直して、理想どうりに完成したバッグです。

 

このウッドシートを使ったバッグの量産も手掛けていて、

これからもっともっと、範囲を広げていきたいと頑張っています。

 

 

’18 9月教室・Ⅲ

またもや日本列島を大型台風が駆け抜けようとしています。

海外でも地震に津波と甚大な被害を出しているようです。

あちらこちらで地球規模の災害がおこっていますが、

この状況が通常の自然状況にならないよう

祈るしかないですね・・・

 

 

お彼岸もとうに過ぎ、天気の悪い日が続いていますが、

先週の天気の良い朝の散歩、この時期には定番の曼珠沙華の花が、

真っ赤な絵の具を撒き散らかし鷹のように多摩川の河川敷を彩ってました。

もう見ごろも終わりですが、このころになると衣替えをしなきゃと

思うのは、私だけでしょうか。

・ ・ ・

 

今回は前回の続きでNhさんの通しマチ、完成品の投稿です。

愛猫家のNhさん、作品の中に出来るだけ(=^・^=)ちゃんモチーフを取り入れたいと・・・

今回は、革を抜いた裏から盛り上げを出す技法を、肉球を題材に挑戦したようです。

まるで、猫がバッグに化けたかのような出来栄えです。

 

かぶせ蓋に付いた持ち手は、かぶせに小判穴を開けて突き刺し、裏側で外に開き留めして、

かぶせと一緒に縫い止めてます。

裏地にはマチ以外にピッグスキンのPスエードをべた貼り師、革の厚みを確保しました。

  

縦長の1本手かぶせ蓋付きショルダー、通しマチ外まとめ仕様の完成

背胴についた型絞りのiPhone専用ポケットも何気に主張していますね。

程よいグレージングの艶が特徴のバングラのタンニン鞣しのレザーです。

小ぶりなようでそうでもない、offの日のお出かけには

とっても活躍しそうなショルダーバッグです。

お疲れさまでした。

 

 

 

 

’18 9月教室Ⅱ 秋分の日

暑かった夏もすっかり秋になり、少し寂しい気がしますが、

少し汗ばむ心地良い暑さとなりました。

太陽が真東からのぼり真西に沈む、昼と夜がほぼ同じ時間の秋分の日なんですね。

まだ陽が沈む前の少し遠回りの帰路、

河川敷のすすきの向こうに沈む洛陽を見て帰りました。

秋分の日の写真はどうしてもすすきになってしまいますね。

「日は暮れて、野はたそがれのすすきかな」・・・って

この時期になると思い出してしまいます。

9月の教室も今日で終了してしまいましたが、

今度の教室はすっかり秋になってしまっているでしょう。

・ ・ ・

  

Nhさんの通しマチの課題が始まり、前胴に付ける盛り上げ飾りからの作業です。

愛猫をモチーフにした物つくりが多く、今回は肉球を埋め込むことに。

  

バッグの背胴につける携帯ポケットの型絞りの様子です。

携帯の型を板を削り、大きく切った革を湿らせ、その木型に穴の開いた雌型をはめて、

クランプを使いしっかり絞り込みます。2~3日ほど自然乾燥させて木型を外すと、

携帯の形に絞られた革の出来上がりです。

  

裏に使う豚革も同じように絞り表の革と張り合わせ、

携帯の出し入れ口のラインを決めて切り取ります。

完成したポケットを背胴に貼りつけ、縫い止めます。

  

前胴、持ち手を付けたかぶせ蓋、ショルダー根革をマチに取り付けて、

各パーツを作り上げ、あとは、それらのパーツを組み合わせていきます。

かぶせ蓋とポケットが付いた背胴と

先にショルダー根革の付いた通しマチを張り合わせ、縫い止めます。

その後は、前胴を同じように貼りつけ、縫い留めてほぼ完成  ! ! !

出来上がりは次回にしますので、お待ちくださいね。

’18 9月教室・Ⅰ

台風が過ぎ去ったと思ったら、

今度は地震・・・

今年の自然災害には困ったものですね。

被害にあわれた方々のお見舞いと、早い復旧を願います。

・ ・ ・

台風一過の後、また暑さが戻ってきましたが、

朝夕はすっかり秋の気配を感じるころになって来ましたね。

一昨日の夜の教室の前、とてもきれいな秋の夕暮れを見せていたので、

夜食を買いがてらの散歩に・・・

工房近く、坂道のある路地から見た夕暮れが、金色に輝き

とても綺麗でした。

・ ・ ・

前回の続きになります。

底マチ仕様の縫い返しが終わったところ。

  

先に作っておいた内装に、ファスナーとスポンジを貼りつけ、縫い返しした、胴に落とし貼りします。

糊付けは、胴口元と内装のみつけに貼ったファスナーだけです。

 

最後の工程になるファスナー口元を縫いまとめします。

個々のミシン縫いは、熟練でも大変なところ・・・オイルを沢山含んだレザーなので、

接着が弱く、かなり苦戦をしたようですが、何とか、縫い終わったようです。

底マチ仕様、天ファスナーボストンの完成

「テンペスティ」エルバマットのナチュラルシボのレザーを使っての1作です。

 

2泊三日は優に行けるかなり大きなボストンバッグ、底マチに玉縁を入れた仕様で、形をしっかり出しています。

 

丸手部分は手縫いで他はミシン縫い、

内装には定番の大きなファスナーポケットと大きなべたポケットで使い心地よさそう、

かなりの大作で、作り甲斐のあったバッグだったでしょう。

お疲れさまでした。

 

’18 8月教室 Ⅱ 納涼祭

8月の最後の週にも関わらづ、猛暑が続いておりますが、

お変わりなくお過ごしでしょうか?

こう暑くてはやる気も起こりませんが、

そうもいってられませんよね・・・

会員さん達も教室に来たときは、挨拶代わりに

暑い暑いとは言うものの、

いつもと変わらづ、元気に足を運んできています。

物つくりの熱心さは暑さも吹っ飛ばすようですね・・・(*^^)v

・ ・ ・

 

26日の日曜、義母が世話になっている施設にて、納涼祭が行われました、

そこでは、食事会の前に恒例の和太鼓のが演奏されるのですが、

太鼓道場の方からやってくる演奏者のカッコよさに妻は一目ぼれし、

いつか母の為に太鼓を叩きたいと・・・

和太鼓教室に通い始め1年半立った平成最後の暑い夏、

ついに夢が叶ったようで、本人も義母も大喜びでした。!(^^)!

場所柄、規模は小さいですが身近でき聴く太鼓の音は心に響きわたります。

 

秋はすぐそこですが、残暑厳しい夏が続きますが、元気に乗り切ってくださいね。

・ ・ ・

今回は、底マチボストンの「前半」の投稿です。

  

現在は退会されている、Kさんの最後の作品、底マチ課題でデザインした口ファスナーのボストンの作成風景です。

持ち手の丸手は手縫い、チリを付けたところのカットと整形、ボディ(胴)につける根革の貼りつける様子です。

根革の形にパターン紙を切り抜き、ケガキ、貼り付けをおこなっています。

 

持ち手の根革をどうに貼りつけて縫い付けです。持ち手以外はミシン縫いです。

根革に入れた盛り上げの外側にステッチ、コバにきちんと定規をあてて縫い代を一定に縫っていきます。

  

課題でもある底マチ部分の作成、底の縁につける玉を作り貼りつけていきます。

3枚目が中縫いで縫い付けた後です。

  

全部中縫いを済ませたら、返していきます。

いっぺんに返さづ、全体を少しづつ角が立たないように返すのがコツです。

ヌメ革や硬い革ではどうしても皺が付いてしまうので、その時には外まとめのデザインにするか、

返しても大丈夫な革に変えるかのどちらかになりますね・・・

 

今日は返したところまでにしますので、次回には完成したところを投稿しますので、

覗いてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

’18 8月教室・Ⅰ

今年の夏の異常気象、

夕方からの雨の予報の世田谷区でしたが、

今日も予想を超える天気になりました。

その予報の時刻になると、ゴロゴロと雷が鳴りはじめ

家に戻る方向から、あれよという間のゲリラ豪雨、

そのうちに落雷の嵐です。

まるで、稲妻発表会のような光景、で世田谷区の空を

通り過ぎていきました。

予報どおりなのでゲリラと言っていいものか・・・

最近の気象予報も正確になってきており、

ある程度の準備は出来るものの、その規模までは

想像ができません。

近所を流れる川も先日の台風の大雨の時より、ひどい状況でしたが、

充分に気を付けなければいけませんね。

・ ・ ・

 

ダブルウオレットのネームで、物つくり販売をしているIhさん、

長札入れの2つ折りウオレットのトワルを作り終えて本番に移った様子です。

 

クロコスタンプのイタリアンレザー、ウインズファクトリーの「リパリ」というレザーを使い、

ブランドイメージの持ち味である、角あて革が生きる代表的な一作です。

 

定番的な長札入れで、と小銭入れ、二か所にカード入れを付けます。

ヌメ豚の裏貼りで、そう手縫いの1作です。

残った破材でファスナー付きの小銭入れも・・・

 

 

同じIhサンの作品、チェーンウオレットタイプのカード入れのトワル。

 

本番の完成、

2つ折りの長と同じクロコスタンプの黒を使って、両マチを付けたL字ファスナーのカード入れです。

カードが入る中仕切り、小さいわりには、背段もつけて外からでもカードが使えるように

気を使っています。

お疲れ様でした。

 

 

 

 

’18 7月教室 Ⅲ 暑気払い

暑中お見舞い申し上げます。

7月も今日で終わりですが、

夏はまだまだこれからなんですよね。

なんだか暑い日が続いているので、

夏が長いような気がしますが、気のせいですかね・・・

休みだった昨日、暑気払いに等々力不動尊に行ってきました。

 

 

ここは、都会のオアシスともいわれる、等々力渓谷があり、

夏の暑い日の散歩にはとってもいいところです。

不動尊の境内には休憩所の喫茶があり、散歩の後に食べるソフトはとても美味しいです。

・ ・ ・

 

  

Mさんの底マチの課題・・・ケリータイプのバッグに挑戦しました。

外装は波型の型押し、内装は1.2㎜程度のソフトヌメを使い、持ち手とかぶせ蓋の裏に若草色のヌメ側でのコンビネーションです。

 

持ち手や、外装の見える部分は一番細かいピッチですべて手縫いです。

これ以上にない大きなバッグで手縫いの量も半端ではありません・・・

 

胴のサイドに入れる玉縁のつくりや、内装の生地ポケット、裏ヌメの張り合わせはミシン縫いで

まとめます。

 

底マチは、前胴と背胴と横町×2をぐるりと横につなぎ、四角い底と縫い合わせる仕様です。

中縫いなので、返す前に木庭を処理し顔料塗します。

次は、かぶせ蓋の天の部分の厚みを持たせる革床を入れてるところです。

 

かなり大きなケリーバッグが出来上がりました。

 

革の色目がビビットなので蓋止めのひねり金具のニッケルとと自身のFOFOネームは銀の箔押しで、

クールにまとまっています。

内装ポケットに、コンセプトのアフリカンファブリックを一部使用して、らしさの表現しています。

教室作成の合間に、バッグオーダー依頼の仕事を持ち込み作りながらで、時間がかかりましたが

どうにか完成しました。

衣料メインのお直しのリメイク屋を営むMさん、たまにバッグの修理やリメイクも受けているので、

このバッグは、バッグオーダーの宣伝用でお店を飾ることに・・・

この後に自分用に作りたいと張り切っています。

作れるときに作らないと、やりたいことどんどんたまっていきますよね・・・。

お疲れさまでした!

 

Home > 教室

Return to page top