Home > 教室

教室

’18 6月教室・Ⅲ ソレイユの窓

日曜日の教室の帰り、ドアを閉めて振り返ると、

雲は残るものの、とてもきれいな黄昏の空が広がっていました。

とても落ち着く青・・・

正面に三日月と雲に隠れていますが、金星が輝く、

ここから見る空はとても好きでマンションの名前をとって

「ソレイユの窓」と呼んでいます。

・ ・ ・

Mwさんの中縫い通しマチの課題が始まって革の裁断に入り、型入れの様子です。

革の伸び目を把握して、また、伸びては駄目なパーツも把握してから

型入れしていきます。

 

先ずは、背胴からの作成、ショルダー紐を2本とハンドルを作り、バッグの背胴への取り付けます。

  

裏地の裁断を終え、前胴のポケットや胴裏、マチの裏などにそれぞれの裏地を貼り合わせ、

切り替えのある前胴も繋ぎ合わせて準備します

  

前胴、背胴に基型と同じ裏地を貼り、通しマチと本縫いで中縫いし、

その後にに2センチ幅ほどのバインダーを巻き、本縫いの縫い代の1ミリほど外側縫って、組み立て終了

  

最後に、ひっくり返して出来上がり、ひっくり返しと言ってもそう簡単ではありません。

バッグの底角から押し上げていき、革の折れ曲がったストレス部分に気を使い、少しずつ返していきます。

返した後は縫い代の仕上げ型出し、胴とマチの縫い合わせの部分をつまんだりおさえてりして、

均等なラインが出るように型出しします。

 

通しマチ、中縫いの課題でリュックサックを仕上げました。

比翼式にしたメインのファスナーと前胴に縦開きのファスナーポケットを付けた、

シンプルで使いやすいリュックサックです。

グレーカーキの素あげ調のオイルキップに内装をにとても派手なプリントを使って遊びごごろがでていますね。

背負ってワンショット!

山登りをされるMwさん、山登り用にはちょっとおしゃれすぎますかね・・・

胴とマチの中縫い以外は手縫いで頑張りました。

お疲れさまでした。

 

 

 

’18 6月教室・Ⅱ

関東も梅雨に入り4日目に、

ようやく梅雨らしくなったと思ったら台風です。

大雨の被害もなく良かったですね。

この時期には定番の紫陽花ですが、教室の近所のセブンイレヴン前に咲いている

墨田の花火、今が見ごろです。

明日からまた数日空梅雨らしい、暑い日になりそうですが、

風邪ひきさんもちらほら、寒暖差に気を付けていやなつゆを乗り切ってくださいね。

 

・ ・ ・

 

 

Snさん、底マチバッグのショルダー作成、革漉きの様子です。

口元の折り返す部分、折れやすいように5~6ミリ幅で溝漉きを入れています。

  

溝漉きしたところに見付に取り付け、隠しマグネットの革を巻いて。

見付に開けた穴から凸部をのぞかせて周りを縫います。

 

みつけと胴の両サイドの継ぎ部分がデザインポイントになるように、

下の部分は縫い割りにして、口元の3センチほどを片のせして、手かがりしてます。

課題の底マチを取り付けたところ、一般に楕円形の形を小判底と言います。

左下には、ショルダーに尾錠に巻く革を絞りで作っています。

 

革巻の尾錠とショルダーが出来上がりました。

前胴裏にポケットを付け、表にはハンドステッチが出るだけの仕様がかわいいですね。

底マチのバケツ型ショルダーバッグの完成です。

ナチュラルのタンニン鞣しの張りのある革を、ショルダーアイテム仕様にと

裁断後に手もみをして柔らかさを出してあります。

自由が丘に出向く朝、江ノ電を待つ間に撮ったSnさんのピンナップ写真・・・

拝借しました。

また一つ工房で注文できるバッグが増えました。

お疲れさまでした。

’18 6月教室・Ⅰ

久しぶり、なんと1月ぶりのブログの投稿になってしまいました。

パソコンのトラブルからの解放とリメイク作成の忙しさが少し落ち着き、

ほっとししているところです。

今週後半から梅雨に突入とのこと、早いものですね・・・・

教室の方は、相変わらず賑わっておりますが、

会員さん達も思い思いに自分らしさを表現しております。

また、最近は新年度も落ち着いたのか、物つくりの虫が騒ぎ始め

教室への入会の問い合わせもぼちぼち届いております。

・ ・ ・

休みだった月曜日、梅雨に入る前にこむぎを連れて初夏の海を訪れてきました。

江の島から、鵠沼海岸の往復、沢山のサーファーたちを横目に

海辺を駆け回り、初夏の海を満喫してきました。

海大好きなこむぎですが、一緒に走るおじさんは大変です(*_*;

・ ・ ・

  

 

Ydさんの通帳ケースの課題、基本的な作りは変えず、中仕切りの用途を変えて

サーフボードのフィンケースにアレンジしました。

 

 

 

深い海の色を意識して、濃紺のタンニン鞣しのレザーを使っての作成

5枚のフィンが入るようスペースを作りました。

紐止めや、ファスナー引手など、随所にサーファーのこだわりを盛り込んで完成しました。

瀬戸浜珈琲」というレザーグッズを扱う焙煎ショップを目指して、

千葉の海辺に立つ旅館をリノベーション中です。

完成はまだ先のようですが、追ってお知らせしたいと思います。

 

’18 5月教室・Ⅰ 新緑狩り

ゴールデンウィークも終わり、

今日から普段の生活に戻られた方も・・・

5月に入ってからは3日、4日の休みが取れましたが

出掛けることもなくのんびりしていました。

  

  

休みが明けたとたん大雨の天気でしたが、

月曜の午前中、等々力渓谷に新緑狩りに行ってきました。

大井町線の等々力駅から環八の下を抜け、等々力不動尊まで30分ほど

のんびりと渓谷が散策できますよ。

わんこの散歩にも最適なので、車で等々力不動尊に行くと駐車場があります。

夏の暑い日も気温が低くていいですが、この時期は新緑が綺麗な時期でとても気持ち良いさ散歩コースです。

・ ・ ・

 

  

Hyさん、転職されて新しい業務用の手帳カバー、バインダーの作成の様子。

表側に取り付ける飾りファスナー、内装のバインダー金具の取り付け部、縫い糸の蝋引きの様子です。

  

表側と内装を張り合わせ、周りを縫い、飾りファスナーの引手を付けて・・・

小さなスペースに飾りファスナーと角あて革をバランスよく配置し、

半丸のランス鋲を付けたファッショナブルなバインダーの手帳カバーでが出来上がりました。

 

ドイツメーカーの「クラウゼ」のバインダー金具を取り付けています。

大体、高級なバインダーには、個々の金具が使用されていますね。

右開きには、沢山の、カードが入ります。

・ ・ ・

 

Hiさん、以前作成したミニ財布の修正版の作成の様子です。

裁断したパーツの漉きを済ませて下仕事、コバ処理です。

 

収納部分になる内側部分を作り、表側になるポケットとかぶせ蓋を組み合わせ、

縫い合わせていきます。

 

数枚の革を張り合わせるので、革の段差が出来たところを包丁を使い、切りそろえています。

最後の磨き作業・・・マチが多いので横になった磨き棒が使えないので、

盾にびぞうぉつけた磨き棒を作っての磨き作業っです。

 

イタリアンベジタブルタンニンのレザー「La perrla Azzurra」ペルラ、アッズーラの迷彩と、

蓋裏とインナー部分に「Tempesti」テンペスティのエルバマットを

使ったミニ財布が出来上がりました。

脂が、沢山入ったイタリアンレザー、経年変化が楽しみです。

’18 4月教室 Ⅲ

明日から、ゴールデンウィークに突入ですね。

今年は、4月月末は法事の帰省と3日4日を休み

あとは仕事の予定です。

天気にも恵まれるとのこと、

お出かけの方は、気を付けて、良いGWをおすごしくださいね。

 

 

散歩コースの一つ、岡本の遊歩道は、今は色々な花が

咲いていて、通る人たちの目を楽しませてくれます。

真相は、わかりませんが、

匂いに敏感な犬、花の匂いを嗅ぐしぐさを良くします。

・ ・ ・

  

Tsさんのブックカバー作成の様子、スケジュール帳対応です。

内装の名刺、カード入れ部分、ペン差し部分を作ってそれぞれ表と張り合わせて、周りを縫います

 

一つができ上ったら、すぐにご主人用と追加作成です・・・頑張ります!

 

ナチュラルの角シボのイタリアンレザーを使って、開閉はペン差し部を両サイドにつけ、

ロックするタイプです。

 

メモ差し屋カード、名刺入れを備えた作りです。

2つ目は、バングラヌメのダークブラウンで落ち着きがあります。

ご夫婦、お揃いのスケジュール帳カバーの完成、

いいですね・・・

 

  

Stさん、ラウンドファスナーの課題、財布仕様にデザインしての挑戦です。

内装のカード入れ部分と外装の革に芯盛り上げを入れてのヘリ返し。

マチとなるファスナーの準備です。

  

内装の両サイドにササマチの取り付け、ファスナーを内装に取り付けた後、

外装の革を貼り合わせヤットコをつかって圧着し表と裏を縫い合わせます。

海外に留学する息子さん用にと・・・

頑張ってるお母さんです。

 

Nhさん通しマチバッグの革裁断・・・

  

愛猫家のNhさん肉球をモチーフに盛り上げ飾りを作り、かぶせ蓋に埋め込む様子です。

台になる芯に肉球の盛り上げ芯を貼り、上から革を被せて知ったりとへらを使って形を出します。

肉球の形に切り抜いた、かぶせ蓋に裏側から盛り上げ部を出し周りを縫います。

かぶせ蓋に盛り上げ飾りを付けたら裏革のピッグスエードを貼り合わせます。

マチ以外の胴などのほかの部分も同様にピッグスエードを貼り合わせます。

通常、周りを縫う場所にはTボンドを使用しますが、

縫わない場所は、サイビノールや、G17ボンドの本接着用の糊を使います。

サイビノールの場合は、乾きが早いので塗りながら革を貼り合わせていき、

G17ボンドの場合は、両面に2度塗をしてから、張り合わせます。

 

  

木工女子のNhさん、背胴に取り付ける携帯入れポケット用の絞り木型を自分で作ります。

家具を作るので、このくらいはお手のものですね・・・

携帯より、少し大きめの木型を作り、ポケットの革を濡らして準備します。

  

革を木型の上から被せ、さらに、ポケットサイズに切り抜いた木枠をはめ込むように、クランプを使って絞り込んでいきます。

数日、自然乾燥をさせた後に木枠を外して、絞り型の完成です。

 

ポケットの裏のピッグスエードも同じように型絞りをして、合わせて張り合わせ、乾いたら

ポケットの上部、携帯の出し入れ口のカットをします。

ネームを入れ、縫い代を3.5㎜~4㎜残してカットしたら

背胴に縫い付けます。

 

 

 

’18 4月教室・Ⅱ

このところ、寒くなったり暑くなったりで

調子が狂っちゃいますね・・・

 

ことしも藤の花のき季節になりました。

昨年はなんだか、花が少なかったような気がしますが、

気候が良いせいか、そこらじゅうの花が、元気な顔を見せています。

通勤路のマンション、緑化計画の一環かベランダにこびりつくかのように

茂っている藤の木に目を奪われるこの頃です。

・ ・ ・

 

Nmさんの外まとめトートバッグです。

カイマン(ワニ)の型押しのレザーと茶ヌメのコンビです。

型押しだけが目立たないよう、同じ革を使いチャームの飾りをつけています。

  

丸手のハンドルと角あての革をコンビにして、全体が締まるようなデザイン、

トートバッグは作りなれているので、あおり式の内装を勉強にと頑張りました。

「あおり」式とは、内装を3層に分けるタイプで、大事なものは中央のファスナーポケットにしまい、

すぐ取り出したいものや、書類、雑誌などを前後の口の空いたポケットに使える、

とても便利な仕様です。

外装より内装に時間がかかることもありますが、とても使い勝手のよい人気のあるバッグですね。

 

  

Miさんの外まとめ通しまちの課題制作、

「差しメッシュ」を使った作品にしたいと挑戦・・・作成の様子です。

革に約45度の切込みを入れ、そこに切込み幅と同じくらいの革ひもを通していき、

編んだように見せるメッシュです。

ボッテガベネッタのメッシュがオリジナルで良くまねたものが売られていますが、

そう簡単に出来るものでもありません。

  

これは、かぶせ蓋を止める隠しマグネットを革にくるんでいる様子です。

出来るだけ金具を見せたくない作りで、隠しマグネットを取り付ける方法です。

伸びない革は、少し濡らしマグネットを下に置き、丸く抜いた厚紙でかぶせるように

革を伸ばし、凹凸をつけ、再度ボンドを付けて、マグネット入れ直します。

 

バングラヌメを使った外まとめ通しマチのバッグが出来上がりました。

かぶせ蓋の先に半分だけ入れた差しメッシュがデザインポイントになっています。

持ち手は、ショートとロングの2Wayです。

  

内装は、通しマチ部と前のポケット以外は同色のピッグスエードの総貼りです。

2Wayのショルダーは、ショートが各館を使った固定で、ロングのショルダーを使うときは、

ナスカンでの取りつけて使用します。

なかなかバランスの取れた差しメッシュのデザイン、

お疲れさまでした。

 

 

 

’18 4月教室・Ⅰ 無限の可能性

4月も半ば、関東の桜シーズンも八重桜が

最後の彩どりを見せて、終わろうとしています。

季節柄色々な草花が元気づいて癒してくれてますが、

 

かえでの新葉もあちらこちらで新葉を見せ始めていますね・・・

昨日の仕事帰りに、こむぎの散歩コースの岡本公園に、楓の鑑賞に

立ち寄りました。

街灯に照らされた新緑もとても綺麗で見入ってしまいました。

・ ・ ・

 

今年も、レザーメイキングにチャレンジと新しい会員さんたちが、入会されています。

教室を始めたころから変わらず、最初に作る工具ケースたち・・・

ここを巣立っていった人や、退会された人を含めるととてもたくさんの数を作ってきましたが、

どれ一つと同じものはありません。

同じではないということが良いということではなく。

物つくりには、「無限の可能性」があるということで、それに気付かせてくれます。

この道具ケースのボタンと針ケースは、コルク素材で出来ていて、

そのコルク素材ををメインに取り扱いバックを作っているKmさんの作品です。

既に市場にはコルクのバッグは出ていますが、これに着眼したという行動は面白く、

また、品質上素材の難しさが壁となって、やりがいが出てくることもあるでしょう。

 

現在色々な仕様パターンの課題でバッグ作りをしていますが、

バッグのデザインでも仕様の組み合わせでも、「無限の可能性」があることは同じです。

沢山のものを作らなければ、気が付かないことでもありますが、

そのことを思っての物つくりをするのとしないのでは、大きな違いが出てくると思います。

 

この道具ケースを最近作った人も、ずいぶん昔に作った人も、それぞれのビジョンをもって

入会されたのは間違いありません。

楽しいものつくりはもちろん、思いを形にするという言葉がありますが、

その思いをこれからみつけたい人もいるはずですので、無理をせづゆっくりと

考えてみても良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

’18 3月教室Ⅲ・花見日和

今週は、気持ちの良い天気に恵まれていますが、

花見の頃も日曜までは何とかもちそうですね。

桜の写真も見飽きたころでしょうが、今年は綺麗に撮れたので投稿しますね。

今週初めの休日、桜の開花のタイミングも良く、こむぎの散歩がてら自転車に乗って、

世田谷美術館横にある砧公園(kinuta  park)に花見に行ってきました。

 

3~4本の染井吉野でしょうか・・・

満開になると、まるで1本の桜の木のように見え優雅です。

膝の下までに枝が伸び、かなりの樹齢にも関わらず、

まだまだ元気だぞっと言わんばかり咲き乱れて、元気をもらったひと時でした。

平日の午前中だったので花見客もまだ少なく、意外と穴場かもしれません。

砧公園パーク内は、ワンちゃんは散歩禁止になっていますが、

周りに散歩コースがあります。

・ ・ ・

  

Utmさんの蜜蝋ケース作例の様子です。

蜜蝋のサイズからパターンをとり、裁断後のコバ処理、すくい縫いから駒合わせ縫いをしながら組み立てます。

  

本体が出来た後、ホックと飾りを取り付けますが、ホックの革巻の色を二種類試しての取り付け、こだわってます。

飾りは、ねじったループタッセルの取り付け・・・

 

ホックは黒に決めメリハリをだし、イエロ-と黒のヌメのコンビで完成しました。

以前に、ブックカバーに飾った、ドーナツ型の盛り上げのイメージを

ケースの蓋裏のクッションに用いてます。

お疲れさまでした。

 

Hiさんが以前に作ったミニ財布です。

イタリアンベジタブルタンニンのレザー

テンペスティのエルバマットの「エイジング」の様子です。

「エイジング」とは、革の経年変化のことで、革の鞣し方や仕上げ方によって違いはありますが、

日光(紫外線)や手の脂等を革が吸収して、革の色や質感が変化することを言います。

革好きの方は、このエイジングをどのように美しく変化させていくか、

こだわりを持ったりもしています。

タンニン鞣しの革には、脂がふくまれているので、変化する、また、元には戻らない

ことを知ったうえで革選びをすることが必要です。

こちらの財布は、半年足らずでの変化ですが、このエルバマットという革は特に脂が多く

とても速い変化と言ってもいいようですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トスカーナ・レザーテクニカルセミナー

 

20日火曜日、三田にあるイタリア大使館公邸において、

イタリアの老舗タンナー「Conceria800」コンチェリア オットチェントが主催する

トスカーナの伝統なめし技法のセミナーに参加してきました。

’18 2月に発表した新しい革の展示もあり直接手で触れるとあり、

めったにない機会です。

セミナーでもらった資料と革の写真ですが、紹介します。

よく耳にする、「イタリアンベジタブルタンニン鞣し」の内容です。

バケッタ製法はトスカーナ地方のタンニン鞣しの特徴的な製法ですが、

製法の説明はそう簡単には出来ないことも事実で、

動物や魚の油脂の加え方や期間には、同じ地域各社の独自性からなる

出来上がりにオリジナル性を持つものと思います。

 

 

テクニカルセミナーの会場の様子・・・

 

レザーの展示の様子・・・1社だけの新作なので、あまり多くはなかったですが、

オイルの多い重たいレザーはなく、1枚革でも使えそうな軽い感じの革が印象的でした。

 

 

ナチュラルシボで、艶があるものや艶なし、蜜蝋を含ませたもの、やや薄く扱いやすそうです。

 

傷がつきにくい型押しに樹脂を乗せたものやエナメルなど、ほかにもつるっとした表情の

ものも・・・

 

 

上2枚は同じ革でリバーシブル、まったく違う表情が味わえるもの、

折ったりつまんだりすると、オイルが移動して色が変わるプルアップの革。

イタリアチックなプリントも・・・

まだまだありますが、これからまた気になったものは革屋を通して、

見本を入れていきたいと思います。

 

 

大使館の中庭、

日本人よりも日本の風情を満喫している在日イタリア大使たち、

これからの桜の開花は最高でしょうね・・・

トスカーナの田舎料理のウエルカムランチ、

美味しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

’18 3月教室・3.11

昨日の3月11日は、東日本大震災からちょうど7年が過ぎ

忘れたくても忘れられない悲惨な日になりました。

テレビやラジオでも、災害時に対する意識のあり方を

取り上げていましたが、前日まで忘れていたのが事実で、

改めて、防災意識をもたされた1日でした。

月日が経つのは早く、またいつか忘れてしまい、

「災害は、忘れたころにやってくる」・・・と

よくいったものです。

とにかく、数日の水と食料と、防災グッズを準備しようと思います。

そう、まだ準備してなかったんですよ、私も・・・(*_*;

 

・ ・ ・

 

先週の週末、長い留守をすることになったので、教室に連れてきました。

会員さんを玄関に出迎えに言ったり、かまってもらって大はしゃぎの一日でした。

いつもなら寝ている日中ですが、落ち着いていられず、

夜間のクラスになるとさすがにぐっすり・・・

大変お騒がせしました。

 

・ ・ ・

 

ファスナーの引手につく引っ張り飾り・・・植物飾りのタッセルと葉っぱ、

ここまで、アレンジできるようになりました。

  

Nhさんのペンケース作成の様子

胴角あてつまみのパーツのコバ処理、ニスの色を混色して作っています。

胴につく唐草模様の革ひもをコード刺繍で縫い付け、葉っぱ柄部は胴革を切り抜きスポンジを入れて膨らましています。

  

前胴と背胴にファスナーを付けたら、角革のつまみをすくい縫いで閉じ、

玉縁を前胴と背胴の間に中表で挟み張り合わせて縫い合わせをして。

ひっくり返してのワクワ度150%・・・

 

オフ白のシュリンクと、ワサビ色に染めたヌメ革のコンビネーションのペンケースの

完成です。

とにかく、ただでは終わらせたくない物つくり・・・

今回もNhワールドの1作が出来上がりました。

お疲れさまでした。

 

Home > 教室

Return to page top