Home > ブログ | 教室 > ’18 9月教室・Ⅲ

’18 9月教室・Ⅲ

またもや日本列島を大型台風が駆け抜けようとしています。

海外でも地震に津波と甚大な被害を出しているようです。

あちらこちらで地球規模の災害がおこっていますが、

この状況が通常の自然状況にならないよう

祈るしかないですね・・・

 

 

お彼岸もとうに過ぎ、天気の悪い日が続いていますが、

先週の天気の良い朝の散歩、この時期には定番の曼珠沙華の花が、

真っ赤な絵の具を撒き散らかし鷹のように多摩川の河川敷を彩ってました。

もう見ごろも終わりですが、このころになると衣替えをしなきゃと

思うのは、私だけでしょうか。

・ ・ ・

 

今回は前回の続きでNhさんの通しマチ、完成品の投稿です。

愛猫家のNhさん、作品の中に出来るだけ(=^・^=)ちゃんモチーフを取り入れたいと・・・

今回は、革を抜いた裏から盛り上げを出す技法を、肉球を題材に挑戦したようです。

まるで、猫がバッグに化けたかのような出来栄えです。

 

かぶせ蓋に付いた持ち手は、かぶせに小判穴を開けて突き刺し、裏側で外に開き留めして、

かぶせと一緒に縫い止めてます。

裏地にはマチ以外にピッグスキンのPスエードをべた貼り師、革の厚みを確保しました。

  

縦長の1本手かぶせ蓋付きショルダー、通しマチ外まとめ仕様の完成

背胴についた型絞りのiPhone専用ポケットも何気に主張していますね。

程よいグレージングの艶が特徴のバングラのタンニン鞣しのレザーです。

小ぶりなようでそうでもない、offの日のお出かけには

とっても活躍しそうなショルダーバッグです。

お疲れさまでした。

 

 

 

 

Home > ブログ | 教室 > ’18 9月教室・Ⅲ

Return to page top